3月27日開催 京都 壬生寺の壬生菜法要

gallery
Pocket

3月27日に壬生寺の壬生菜法要に併せて
房仙先生とクラビーオーラ奏者の折重由美子さんによる揮毫と演奏のコラボレーションや、
3月2~7日、銀座「鳩居堂画廊」で開催され好評を博した「第21回房仙会書展」の奉納書展が
新型コロナウイルス感染症予防対策を行いまして開催されました。


▲3月29日(月)の毎日新聞 京都版、大阪版にてご紹介いただきました。

■揮毫と演奏
ドイツで短期間のみ生産され「幻の楽器」と呼ばれる
木管鍵盤ハーモニカ・クラビオーラの世界でも唯一のプロ演奏家・折重由美子さんの演奏に合わせ、
福田房仙先生との奉納揮毫を披露されました。

 


 

 ■奉納書展
本年3月1~7日、東京・銀座「鳩居堂画廊」で開催された「第21回房仙会書展」の移動展として、
展示作品から主宰・福田房仙先生、副主宰・福田光孝先生をはじめ、京都・大阪を中心とした生徒による作品約30点を展示しました。
京都では初めての開催です。書道界では比類なき、さまざまな書体を駆使した心に響く数々の作品をご高覧いただきました。