2016年1月24日の富士山 三島市自宅から

風が強く冷えています。
今日はこれから山形へ。行ってきまーす。

Posted on 2016-01-24 | Category : ▶︎ブログ | | No Comments »

房仙の書に対する指導法のわかる生徒からのメッセージシリーズ 4

全く私は知らない人でした。
でも、お蔭で知り合いました。
自分のことよりも、辻富美子さんを褒めてもらって
すごーくうれしい気持ちになりました。
夢実さんも息子さんもとっても素敵。
勿論、快諾いただきました。

先週末、ふーみんこと辻富美子さんが主催された安来市の歌手、夢実さんと静岡の書家、房仙さんのコラボ企画です。

 夢実さんの歌は優しく温かく、その歌を聞きながら房仙さんがインスピレーションで書を書いていかれます。春とか愛とかありがとうとか…房仙さんが笑顔をたたえ、話される言葉には癒されます。

とても愛溢れる居心地のいい空間に涙流す人も。

 夢実さんも房仙もステキな方。そして企画、準備した辻さんってすごい!!ステキな時間をありがとう~(*^_^*)

Posted on 2016-01-22 | Category : ▶︎ブログ | | No Comments »

房仙の書に対する指導法のわかる生徒からのメッセージシリーズ 3

シリーズ3号でお届けします。(許可済みです)

私が論じるより、どんな指導なのか分かっていただけると思います。

今回は米子です。

 

『志とは?』

 

おはようございます

今日も笑顔とありがとうで

社会に貢献していきます、

ふーみんです(o^^o)

 

先週の木曜日から2日間

 書家福田房仙先生の書道教室でした

 

毎月一回、静岡県から来て頂き

指導をして頂いています(o^^o)

 

月一のお稽古なんですが

 それだけに非常に濃い時間で

 

笑いあり、涙あり

毎回あっという間の2時間です(≧∇≦)

 

書道を学ぶことが

人生に活かされなければ

書道にあらず

 

まさに房仙先生の書道教室は

 この王道を歩んでいきます。

 

人生は山あり谷ありです。

いい時もあれば凹む時もあります。

 

凹むようなことが起きた時

どう在るべきか?

 

書道を学ぶことと

 そのような人生の歩み方と

 どう関係があるのか?

 

書道を学ぶことと

元気な体作りと

 どう関係があるのか?

 

私もまだ習い始めて5ヶ月。

 書道教室の入り口に立ったような所で、

 偉そうなことは言えませんが

 

だからこそ、これから続く

書道という道を歩く楽しさに

 ワクワクしています(≧∇≦)

 

そして、今月は特別イベント、

 房仙先生と夢実の書と歌のコラボショー

がありました*\(^o^)/*

 

本番10分前の私の無茶振りに

夢実の息子の治樹くんも

快く?承諾してくれて

3人によるコラボショーになり

 

とんでもなく

素敵な時間、空間になりました♡♡♡

 

目が真っ赤になってる方が

何人もいらっしゃいました( ; ;

 

房仙先生の描かれた書から

溢れ出すエネルギー

 

夢実の歌声に込められた

愛のエネルギー

治樹くんの奏でるピアノの音は

 まさにその全てを総括し

優しく包み込んでいました

 

そして、何よりその3人を

暖かくしっかりと支えてくれる

房仙会米子教室の仲間達の存在

 

この空間に居られたこと

心から嬉しく思います(o^^o)

 

房仙先生

夢実さん

治樹くん

房仙会米子教室のみんな

 

本当にありがとうございました

これからもよろしく

 お願い申し上げます

Posted on 2016-01-21 | Category : ▶︎ブログ | | No Comments »

静岡県三島市からの1月20日の富士山です。

ようやく、冬の富士山らしくなりました。

Posted on 2016-01-20 | Category : ▶︎ブログ | | No Comments »

房仙の書に対する指導法のわかる生徒からのメッセージシリーズ 2

こちらも許可を得て公表させていただきます。

今日も濃いいお稽古でした!
房仙先生、福田先生、ありがとうございました!

書道のお稽古をすると元気になります!
どうしてか?
私に関しては今回理由が判明しました()
それは、字を書き、指導を受けることで私はデトックスしているからです!もちろん無意識に()

土曜のお稽古の時は、一週間の疲れを持ったまま参加し、私はかなり疲れています。
電車に荷物を忘れるくらいヘロヘロです()
お稽古で書いた文字もヘロヘロです(^^;; 
先生にもたくさん直され、以前習ったこともできなくなっている自分にちょっと凹みます。
(
ちょっとだけね())

翌日は、土曜より少しフラットな感じですが、まだ疲れがあるまま参加します。
ところが!日曜のお稽古途中から疲れがなくなって、集中力も出てくるんです!

変な書き方をすると先生がすかさず間違いを正し、美しい字の書き方を教えてくださいます。
それを
素直に練習していると、段々心が軽くなってきて、お稽古終了時は元気になってるんです。
心の中に清々しさまで生まれています!(>_<)

それはなぜか!
人はおしゃべりすることで、ストレスを解消しているといわれますが、
半紙に書くこともおしゃべりに匹敵する出力なんだと思います。

悪いものを出力したところに、房仙先生の美しい書とその書き方が入力されるので、私はリセットされ清く正しく?!元気になるんだと思います。
先月のお稽古でもそんな感じがしたのですが、今回のお稽古で私はそう確信しました。

楽しいお稽古時間が持て、文字も上手になり、疲れも取れてと良いこと尽くしの書道教室なのでした。(^^) 
房仙先生、ありがとうございます!\(^o^)

 

ありがたいですね。

生徒がこんなにまとめてくれて。

今まで気が付かない私もどうかしていたと反省。

自分が書くよりよほど楽ちん。

 

明日もこのシリーズ続けられる!ありがたいです。

みんな、最後まで読んでくれてありがとう!です。

Posted on 2016-01-20 | Category : ▶︎ブログ | | No Comments »

房仙の書に対する指導法のわかる生徒からのメッセージです。

本日のFBの投稿から。
嬉しかったので本人の許可を得てご紹介します。

指導法
考え方が見えると思いました。

【房仙会*大阪教室】

そして日曜日は、
月に1度の、房仙会*大阪教室!!!

今回も、房仙先生の溢れんばかりの情熱と、
静と動のバランスも絶妙な、とても充実した熱いお稽古でした!!

途中、私たちの日頃感じていることを
Q&A
形式でスピーチするワークや、
否定語を肯定語に切り替えるゲームも
面白かったです(*^_^*)!!

また、書道史や字体のお話なども、
ふとしたタイミングでわかりやすく話してくださるので、
最近はメモを手放せません!!

私は書道史はあまり学んでいなかったのですが、
以前から王羲之の字が好きで、
本も買ったりしてよく見ていました。
最近、お稽古で聞く王羲之や王鐸、
歴代の書聖についてのお話も面白いので、
書道史もまた少しずつ
勉強していこうかな、と思います(*^_^*)

また、手本作りも改めて教えて頂きました。

「お手本を自分で疑って、直していけるようになるのよ!」

と言いながら、字を分解し、細かく修正する
房仙先生の大手術を目の前で拝見!!
「基本の大切さ」を再確認しました。

そして今回やっとやっと、
房仙先生から、

「クセが取れてきたね!
今年はぐーーーんといけそうだね!」

と嬉しいお言葉を頂きました!!

長年積み重ねたものを、一度白紙に戻すために試行錯誤した1年半。
やっと、、です(*^_^*)!!
今年もコツコツ精進致します。

房仙先生、福田先生、
大阪教室の皆さま、
今年もよろしくお願い致します!!

 

Posted on 2016-01-19 | Category : ▶︎ブログ | | No Comments »

みしまプラザホテルで行われた1月9日のイベント感想

2016年1月13日の朝です。おはようございます。

1月9日のイベントは私の記憶に留まるイベントになりました。

イベントは、通常、打ち合わせをしてから始まります。

私が、「今回は打ち合わせなく突然で行いましょう!」

と提案しても  そこに、一人でも

「嫌です。打ち合わせは必要です!」

という人がいたら、きっと

「そうですね。そうしましょう。」

となりました。でも今回は誰も異論を唱えませんでした。

 

折重由美子さんも上新功祐さんも

「楽しそう。ワクワクする!」と即OKでした。

そんな中、行われたのですが、今朝、とっても素敵なFBの投稿がありました。

https://www.facebook.com/kazuhiro.yamaguchi.357?fref=ts

こちらを、FBの検索に貼り付けて見ていただけたらいいのですが。見ることができないかもしれないので、挑戦してみました。


先週の9日、静岡は三島プラザホテルで行われた、私が通う書道の書初め・ミュージシャンと先生とのコラボレーションが行われました。

毎年正月らしい事といえば、三島大社に行きお賽銭を入れるくらいの事しかしない私ですが、ここまで、気持ちの良い正月を迎えられたのは人生で初めてかもしれません。

上新功祐さんと、折重由美子さんによる演奏と、我々の先生による音楽と書のコラボレーション。

これは、プロフェッショナルが奏でる空間芸術だと思いました。

演奏の安定感、アドリブのクオリティー、ボーカルの素晴らしさは、元々楽器をやっていて、少し音楽にうるさい私が十二分に満足できる演奏だと思いました。

ひたすら鳥肌が立っていました。

そして、先生の書。

私が何よりも素晴らしいと感じたのは、先生の子供に対する接し方です。

大きく言うと、先生の周りの空気です。

まだ立るようになったばかり子供でしょうか。
そんな子が演奏中や、書いている横で紙の上をパタパタ歩いていたりしていても先生は嫌な顔一つせず、むしろその子供とコミュニケーションを取るかのように書を書いているあの空気感は痺れるものがありした。

普通、そんな書を書いている所に子供がパタパタ入っていたら、見ている方が背筋が凍ってしまいます。

でも、見ているこちら側が暖かくなってしまう程、先生は自然なのです。

特にその子供に対して退かすと言ったそぶりもなく、時には抱え、一緒に手を叩き、その場を一緒に楽しんでいるようにも見えました。

通常の境地ではこれは成し得ないと自分では思ってしまいました。

きっと私の何十倍も次元が違う所で生きておられるのだ…と思ってしまった時間でした。

やはり今回も思ったのは、書いているのは字ではあるが、本質は所作や、空気、そこに至るまでの道であると思いました。

字はあくまで結果であり、字はあくまで字でしかない。

勿論、字から伝わる思いや勢いやオーラはあります。

ですが、正直私にはまだ解りません。

きっと、書を続ける事でまた違った物が見えてくる日がやってくるでしょう。

本当に大切なものは目に見える形では現れなく、見える人にしか見えない領域なのかもしれません。

だから、まだまだ私は大切な事が見えてない人間の一人なのです。

今回はそんな事をしみじみと感じた重みのある年初めでした。

最後に、この様な素晴らしい会を企画して頂き誠にありがとうございました。

写真は随分とまだあります。

また然るべき時に然るべき場所で披露できたらと思っております。

人の本質を見極める能力は

ハート♡だと思います。

想いやり や やさしさです。

私はその人の本質は 

魂にあり!

だと考えています。

魂が響きあい

共鳴しあい

支えあう

そんなことが理解しあえる人達とこれからの人生を歩みたいです。

 

 

Posted on 2016-01-13 | Category : ▶︎ブログ | | No Comments »

成人式がくるたびに

毎年 成人式がくる度に想うこと

 

自分の二人の子どもが成人になるまでは元氣でいたいという目標が達成できたことに感謝すること  
です。

 

結婚してから目標にしてきたこと

子どもは二人ほしい!

成人するまで元氣でいたい!

ただそれだけでした。

 

長女は25歳で生み

長男は28歳で生みました。

 

心臓に負担がかからない体力的、精神的な限界だった。

 

二人の子どもが 成長するにつけ夫には感謝だけだったはずなのに

元氣でいるだけでいい とだけ思っていたのに   
  

こんな人になってほしい・・・

こんな夫でいてほしい・・・

と次第に自分勝手な目標になっていったのです。

 

ようやく、身勝手な自分を落ち着いて振り返られる時がきました。

 

大きなダイヤモンドがほしい。

家が欲しい。

あれが欲しい。

と欲望は留まることがなかった私です。

 

ところが 主人がいつも言ってくれることは

「あなたは、あなたのままでいいよ!」

ということ。確かに羨ましがられて当たり前かも。

 

私には孫がいない。

二人の子どもは結婚しない。

でもこれもこれで良いと受け入れている私が今のわたし。

私の自慢 自信は次のことです。

書を通じて できることを 出し惜しみなく教えること!

昨日より今日、気が付いたことを伝え続けていることです。

確実に進化しています。

吉田松陰にはなれないけれど

せめて、出し惜しみすることなく  

書で魂を磨くこと

を伝え続けます!

どんなセミナーにでるよりも

きっと 習得に時間がかかるけれど 

       

変わった!

       うれしい!

と言い続けてくれる人が沢山いるかぎり

私は先頭を走っていけます。

 

 

あなたも書を通して魂を磨くことができ

なりたい自分になれる!のです!!!!!

自分が変わらないと思った人は   
     変わらないで去っていった。

自分が変えられると思った人は 
     ずっと今でも傍にいる。

 

ここまで生きて来て、いつ死んでも後悔ない生き方ができてきたのはありがたいことです。

 

自分の子どもが 成人になるまで生きていたい!

と思った自分を 

成人式がくる度 自分を省みながら 感謝する。

 

ありがとう!ありがとう!ありがとう!

Posted on 2016-01-12 | Category : ▶︎ブログ | | No Comments »

成人式に想うこと

毎年 成人式がくる度に想うこと  

 

自分の二人の子どもが成人になるまでは元氣でいたいという目標が達成できたことに感謝すること  です。

 

結婚してから目標にしてきたこと

子どもは二人ほしい!

成人するまで元氣でいたい!

ただそれだけでした。

 

長女は25歳で生み

長男は28歳で生みました。

 

心臓に負担がかからない体力的、精神的な限界だった。

 

二人の子どもが 成長するにつけ夫には感謝だけだったはずなのに

元氣でいるだけでいい とだけ思っていたのに 

    

こんな人になってほしい・・・

こんな夫でいてほしい・・・

と次第に自分勝手な目標になっていったのです。

 

ようやく、身勝手な自分を落ち着いて振り返られる時がきました。

 

 

大きなダイヤモンドがほしい。

家が欲しい。

あれが欲しい。

と欲望は留まることがなかった私です。

 

 

ところが 主人がいつも言ってくれることは

「あなたは、あなたのままでいいよ!」

ということを。確かに羨ましがられて当たり前かも。

 

私には孫がいない。

二人の子どもは結婚しない。

でもこれもこれで良いと受け入れている私が今のわたし。

 

私の自慢 自信は次のことです。

 

書を通じて できることを 出し惜しみなく教えること!

昨日より今日、気が付いたことを伝え続けていることです。

確実に進化しています。

吉田松陰にはなれないけれど

せめて、出し惜しみすることなく  

書で魂を磨くこと はできます!

 

 

だから  お伝えし続けます。

 

どんなセミナーにでるよりも

きっと 習得に時間がかかるけれど 

変わった!

うれしい!

と言い続けてくれる人が沢山いるかぎり

私は先頭を走っていけます。

 

 

あなたも書を通して魂を磨くことができ

なりたい自分になれる!

のです!!!!!

 

自分が変わらないと思った人は   変わらないで去っていった。

自分が変えられると思った人は    ずっと今でも傍にいる。

 

ここまで生きて来て、いつ死んでも後悔ない生き方ができてきたのはありがたいことです。

 

自分の子どもが 成人になるまで生きていたい!

と思った自分を 

成人式がくる度 自分を省みながら 感謝する。

 

ありがとう!ありがとう!ありがとう!

Posted on 2016-01-11 | Category : ▶︎ブログ | | No Comments »

1月10日の静岡県三島市の富士山

Posted on 2016-01-10 | Category : ▶︎ブログ | | No Comments »