Home > 房仙会 > #房仙会の生徒必読『 房仙三昧~書道は書動![~5月大阪教室~感謝を叫ぶ~]』

#房仙会の生徒必読『 房仙三昧~書道は書動![~5月大阪教室~感謝を叫ぶ~]』

Pocket

おはようございます。
朝起きたら素敵なブログが届いていました。こんな生徒がいたら、講師の方はみんな素敵だなあと思います。ありがたい、あり得ない、感謝です。#房仙会の生徒必読

◆見たり聞いたりときめいたりひらめいたり

「フェイスブックに書いていることをお稽古の時間に伝えると三十分はかかるので、共通理解として、せめて読んでいてほしい」

お稽古が始まる前の、房仙先生のお言葉だ。

一斉に走り出そうとするときに、先生が見ている方向を、教室の全員が見ているのと、見ていないのとでは、推進力が全く違うということを、おっしゃっているのだと思う。

先生は、三島、米子、大阪、東京、米沢の各教室でのお稽古のほか、三島教室で開催されているフェイスブック講座や、食養道学院の講座ほか、さまざまなイベントに参加され、日本全国を飛び回っている。何もしていない日は、ほとんどない。

そして、どこにいても、フェイスブックでその日の行動と、感じたことを発信され、特筆すべきことは、ご自身のブログを更新されている。
また、生徒がフェイスブックで投稿した文章には、必ず、お心のこもった的確なコメントを返し、深いご指導が綴られていることもある。

特に、お稽古があった日の夜は、教室の熱気を画面に運ぶような投稿が多く、お稽古の続きが、フェイスブックで展開されている。お稽古の場で伝えられなかったことを、生徒も先生も文章にでき、誰もが共有することができる。

見逃せない。

お稽古では、生徒同士が話をする時間が、ほとんどないので、投稿を読んで、初めて、それぞれの心の輪郭にふれているような気持ちになる。その感動を、伝えることができる。

他の人の投稿から、自分が聞き逃していた先生の言葉を読むことができると、ものすごく得をした気持ちになる。
自分とは別の視点でとらえられた投稿を読むと、さらに理解が深まる。
コメントがコメントを呼び、忘れていた記憶が、どんどんよみがえる。
今いる空間が、教室になる。

参加しなければ、もったいない。

http://blog.livedoor.jp/yumiyoyu-bosenkai/archives/9666771.html

Posted on 2018-05-31 | Category : 房仙会 | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment