Home > ▶︎ブログ > 食育カルタを作りました!一人でも多くの方に見ていただきたい作品に仕上がりそう!

食育カルタを作りました!一人でも多くの方に見ていただきたい作品に仕上がりそう!


食育カルタを作りました。

発売は2014年8月8日。

房仙会社中展の前日に発売予定です。

定価は2000円になります。

是非お買い求めください。

お手本としても使用できます。

カルタ作りにあたっては、三島市長とも事前にお会いし、三島市も協力くださいました。

健康づくり課の皆さまも一生懸命考えてくださいました。

お陰で何とか7月7日の締め切りに間に合いました。

三島豊岡市長に対する清水英雄先生の評価は素晴らしく高得点です。

清水英雄先生は衆議院議員になろうとしたお方で、参議院議員の第一秘書を務めた凄腕秘書でした。

その先生が惚れた豊岡市長は、三島市を見事活気のある街にしてくださいました。

市長とお会いしたとき、清水先生がおっしゃいました。

「本気で老後は三島市に住むことも考えるぐらい、素敵で大好きな三島市です。」

すると、すかさず市長、
清水先生!ふるさと納税というのもあります。」

「分かりました。納めましょう。ありがとうインターナショナルの理事達もみんな納めます!」

全て即決!

聞いていて気持ち良いです。

実は、5月上旬、清水英雄先生から突然カルタ作りのお話を頂戴し、

清水先生の「三島に行く!」 からカルタ作りが始まりました。

「僕が文言を考え、書は房仙が書く。画を書いてもらう人を誰か紹介して!」と言われ、その時思いついたのはMaki Kisimotoさんでした。

5月9日、清水先生と三人で対面しました。

実は、私も彼女と会うのは三回目であまり知らない方でした。

清水英雄先生が一目で彼女を気に入り、決まりました。

牛丸和人先生も「房仙先生、僕が書きたかった!何で選んでくれないの、僕はボランティアしたいのに!」と言ってくださり、ありがたかったのは言うまでもありません。

愛ある多くの方のお陰でカルタが出来ました。

牛丸先生

七田厚社長

他の多数の方

文言も一生懸命考えてくださいました。

ありがとうございます。

感謝です。

お陰様で、ぎりぎり7月7日に間に合いました。

7月7日は中野ゼロで82才の近藤先生と68才の清水英雄先生の講演会でその時に持って行くことになっていたのです。

読売展の締め切りと社中展の作品書きと手本書き、もう他に入る隙間のない中でお受けした仕事です。

仕事がいっぱいということは、元気が出ます。

やる気がおきます。

突然ひらめきもあります。

7月7日朝は午前0時に目覚めました。

5日(土)から6日(日)は大事な房仙会の合宿でした。

房仙会FBページに書いています。ご覧ください。

何といっても合宿のすごさは、終了前に行われる発表会に集約されています。

一人の保護者が都合で来れなかったのですが、後の参加者した保護者はみんな来てくれ、生徒達が発表することに涙を浮かべ、
頷きながら聞いてくれていました。
ご夫婦の参加も増えてきています。

終了後、保護者のみんなが感想をメールで届けてくれます。

こんな会は絶対ない!

帰宅後カルタを書いて、もうこの字ではだめだと、19時半に寝付きました。

午前0時に目覚め、一心不乱に書きました。

書き終わって、15時20分の新幹線に乗って中野に着くのは17時前の予定でした。

駅に着く寸前に靴下に穴が空いている事に気が付き、買い物をしていたら17時に間に合わない!

家から持って来てもらおう!

この判断が間違いでした。

靴下が着いて階段を駆け上ったら、主人の待っている新幹線のドアが閉まりました。

「助けて!主人が乗ってるし、指定だし、お金も無いんです!」

いつもお金は主人持ち。

時間があるのでみんなにお土産でも買おうと思ったとき、お財布が無い事に気が付いたんです。

「ごめんなさい、お金がありません!」

笑って下さい。

そんな房仙ですが、温かな声援を送っていただけたら嬉しく思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
(このフレーズは七田厚社長の真似です。偉い人は謙虚だなーと思い、それから真似させていただいています。)


ペタしてね

Posted on 2014-07-10 | Category : ▶︎ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment