Home > ブログ > 油断大敵!寝不足!

油断大敵!寝不足!

Pocket

2月1日の「全国いのちの食育書道展」の審査会が終わりました。
お知らせの発送をし、返事がチラホラ返ってきている今日この頃です。
先週は、いつもお世話になっている
「宮沢県議会議員」の新春の集いに参加したり
昨日は、豊岡武士三島市長の新春の集いに参加したり
毎日、行くところがあるきょういくを実践している房仙です。
何故か、今日は母のことを話してみたい気分です。
母は気丈な人でした。
結婚してからも、決して母に追いつけないと何度も思っていました。
素早く仕事もこなし、お金に困窮していても,決してそれを見せない母でした。
母の様になりたい!と何度思った事か。
私が心臓発作を起したときも、毅然としていました。
その母も、海馬が萎縮を始めたのです。
でも、私たち兄弟はほっとしたりしています(苦笑)
記憶力が良すぎても困りもんです。忘れてくれてちょうど良くなっています(*^O^*)
昨日のNHKのあさいちで【実は危ない!子どもの寝不足】を放送していました。
睡眠時間の少ない子どものほうが海馬が小さいことが判明したと発表されました。
将来的にアルツハイマー病などのリスクが高まる可能性が考えられるというのです。
早寝早起きがいかに大切か!
高校を中退した子が睡眠不足の子が多くいる事も判明されました。
私の母はとても毎日無理を重ねていました。
現在も母はとても元気で、91歳になります。
その母がもしかしてアルツハイマー?って認めたくない私がいるんです。
みなさま!
睡眠時間は少しでも多く取る努力をしましょう!
ちなみに学校に行けない子ども
遅刻や欠席などが多く進級できそうになかった
自分の生活のリズムが学校と合わなかった
等の生活リズムが出来てないことが原因だったとのことです。
年齢  必要な睡眠時間
3歳まで 12~14  (昼寝も含む)
未就学児 11~13  (昼寝も含む)
小学校  10~11
中学生  8~9
高校生  7~9
現在、保育園でも昼寝を止めると、早めに寝るようになったとのデーターも出ていました。
白川 修一郎先生(国立精神・神経医療研究所センター客員研究員)が教えてくださいました。
  
体温のリズムを整える
朝は体温が高くなり、夜になると体温が低くなるリズムが睡眠にとってよい
リズムが狂うと社会生活にも支障を来すという深刻な状態となる
リズム障害となってしまう(親の目を離れる思春期が要注意)
ブルーライト(携帯の光)は目を覚ましてしまうので
夜のパソコンは禁物
寝る前の寝酒は睡眠を浅くするので良くない
ホットミルクも効き目ない
と言うことで、それそれの睡眠リズムを急に変える事は出来ませんが
少しずつ、少しずつ、神経質にならずに楽しく過ごすことが一番ですね。
大好きな豊岡三島市長とのツーショット!からご覧ください。


細野豪志衆議院議員の奥様です。3月9日、「全国いのちの食育書道展」の表彰式においで下さるように再度、お伝えさせていただきました。

みしまプラザホテル社長ご夫妻です。
家族賞を提供下さっています。

今年12月に改選があります。みんなでがんばろう!
三島市は今、テレビでも取り扱われ、富士山の遺産登録、伊豆縦貫道の開通とう
世の中の後押しもあり、豊岡市長もお休み無く公務に励んでおられます。
朝は必ず歩いて、ラジオ体操とのこと、見習いたいものです。

Posted on 2014-02-06 | Category : ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment