Home > ブログ > 正直者が馬鹿をみていいの?

正直者が馬鹿をみていいの?

Pocket

[正直に生きる]ってあなたはどんな風に考えていますか?
正直 しょうじき 正直・・・・・・
うーーーーーん?
子ども達はすごく可愛く純粋です。
大人(ここでは子どもにとってのおじいちゃん、おばあちゃん、お母さん、お父さんのことです)が、賢く見守ってくれさえしたら、下記のようにする自信があります。
字が上手くなる
素直になる
相手のことを考えられる
人の面倒を見ることができる
集中力が高まる
挨拶がきちんとできる
人前で自分の意見が言える
明るくなる


このようになっていきます。
これらは、現在房仙会で行われている当たり前の結果ですが
自然にこうなったのではありません。
私の指導があり、素直に受け入れられる生徒がいて、
行動を変化させる事ができるからなんです。
私のレッスンは終了時間を守らないこともあります。
なぜならば、今日はここまでと決めて、一生懸命やっている人に対し
「はい!時間が来たから終わりです」と言えない私がいるからです。
「やりたい」「書きたい」といっている生徒に対し、「帰りなさい、時間がきました!」
とは言えません。
夜も、みんなが終わる頃来る生徒もいます。
そんな生徒に対し、「終了時間だから、はい!終わり!」
と私は言えないのです。
なかには時間通りに終わって欲しい人もいます。
そういう人は「お先に失礼します」と帰って行きます。
子ども達は満足して帰ります。
書き上がった作品に満足しています。
ところが
「こんなに長く、本当にやっていたの?遊んでいたんじゃないの?」
「なんで、お母さんを待たせるの?」
「こんなに長くやってて疲れないの?」
「早く寝ないと疲れるから・・」
という意見を聞いたら
その意見を聞いた途端、子どもは、
「おかあさんの言うとおりだ」
と思う子どもがいるのです。
その子が、私にとって、いずれ苦しみとなって表れてきたりします。
結果として、辞めて行く確率が上がります。
親のとる態度が重要になってきます。
親と私のコミュニケーションがとても大事になってきます。
先日七田厚社長がブログで話していました。
厚社長ほどの方が、何回でも合って話す度に交友関係が深まると述べています。
だからこそ、しつこいほど保護者会を重ねます。
残念な事に、いつも来ない人は来ないし
来れなくなる人は来れなくなってしまうのです。
不思議ですよね。
1月5日には、房仙会では武道館の書き初め大会に出席します。
賞を目指すというより、参加することに意義があると考えていますが
毎年、多くの生徒が優秀な成績をおさめています。
子どもは、勿論武道館に行ってみたいと話してくれます。
その後、ディズニーランドに行ったりするのも楽しみの一つです。
でも、親がディズニーランドが嫌いで辞めていったりするのも事実です。
子どもに選んでもらった親だという自覚があったら
親であることの権限を振りかざしはしないと思います。
これ以上は難しく、また長くなるので、今日はこれでストップします。
誤解があると困るので、あえて伝えます。
房仙会の親は素晴しいです。昨日、いただいたメールです。
何かイベントがあると、感想分がメールで届きます。
ありがたいです。
保護者会ありがとうございます。今回もいろいろな面で勉強になりました。
子供も1人の人格者であり、自分の子供だけど、先生と子供だけの絆があり、それを踏み込んで壊してはいけないと改めて思いました。
2人のお子様を育てられた先生だからこそ、保護者の気持ちになってお話して下さった事、それを一歩さがって見守る、もしくは判断できる親にならなければいけないと反省しました。子供達の成長は早いですね。子供の成長と共に、親も成長しなければならないと、本当に勉強になりました。

$房仙ブログ-hogosyakai

Posted on 2013-11-25 | Category : ブログ | | 2 Comments »
関連記事

コメント2件

 まりん | 2014.05.16 3:41

SECRET: 0
PASS:
私は、嘘が嫌いで
正直すぎて、損をする=上の人間にはむかう
という、シチュエーションもありますが
自分を分かって付き合ってくれている人たちからは、信用を得ています。
賢い人からは、アホだとか
言われたりするけど、
ウソついて、周りと付き合うのは
私には、無理です。
実際、嘘ばかりついている人は
その時は、いい思いをするかもしれませんが
結果、孤独な人を何人か
みてます。
真面目すぎるのと、正直すぎるのとは
また、違うと思いますが
正直に生きていたら
同じ感覚の人も集まってきて
必ず、幸せな時がくると思います。

 福田 房仙 | 2014.05.16 9:01

SECRET: 0
PASS:
正直者がバカを見ることはおかしいですね。
みんなが正直に生きたらいいのに
人を蹴落とそうとする人がいます。
しかも、緻密に人に分からないように。
そこを無視する大きな度量が欲しいと願いながら日々生きているのが現状かな?

Comment





Comment