Home > ブログ > 楽天 優勝おめでとうございます!

楽天 優勝おめでとうございます!


楽天、おめでとう!
みんなに勇気・元気・笑顔をありがとう!
11月1日に渋谷で出会った大学生の三人さんへ。
FBへのアップが遅くなって本当にごめんなさい。
道に迷っていたら、丁寧に場所まで直接案内してくれました。
荷物も持って、丁寧に案内してくれた皆さんのことは
決して忘れていません。
お陰様で時間に間に合いました。
「FBにアップする~見てね!」
と約束したことも忘れてはいません。
青山学院大学法学部の男子学生さんと
大妻大学の女学生さんお二人です。
神様仏様!と言う感じの品の良い学生さん達でした。
目的地に到着したとき、目の前にいらしたのは
当日の講座の先生、「木暮太一さん」でした。
なんてついているんだろう!って感動しちゃいました。
思わず
「写真みんなで撮って!」
とパチリ!
出逢いは人生を変える

と言いますが、正しくその瞬間でした。
話は変わりますが・・・・
書道はスポーツだ!
と私はつくづく感じています。
スポーツ選手、その中でも超すごい!と言われる人を見てください。
世界の一流選手は、小さな時から、練習,練習に励んで超一流になります。
私はずっと、福原愛ちゃんを追っかけていました。
彼女は大きくなったら、どうなるんだろう?
泣きべそ(三島の方言?)なのに、
大人になったらどうなるんだろう?
って思ってそっと見守っていました。
大人になって
やはり結果を出してくれました。
彼女の途中の苦しみも見てきました。
みんなが楽しく遊んでいても、
見たいテレビも見ないで我慢したことでしょう。
太る事も気にし、食べたいものも我慢して
遊びも制限したり、
だめなことも沢山抱え我慢を重ねて来たことでしょう。
しかしながら、良い結果が出たとたん
全ての過去の苦しみは、喜びにかわったことでしょう!
浅田真央ちゃんもあの人もこの人も・・・・・ですよね。
勿論、楽天の田中将大さんも。
楽天の田中将大さんの活躍、すごかったですね。
楽天の優勝の陰にどれだけの沢山のドラマがあったかは
報道や記事でもっと奥深いところを知りたいと思っているのは
私だけではないでしょう。
そのドラマをじっと見ることで
私たちは沢山の事を学ぶことができます。
前日、167球投げた田中投手が、
最後を締めて優勝しました。
無理しても、無理しても
投げたかった田中投手。
それを許可した星野監督の決断も見逃せません。
限界の苦しさを乗り越えたとき出る
うれし涙は本当に見る人を感動させます。
私は、房仙会を通して
苦しみも楽しみに変化でき、それを喜び合える空間を提供したいと
願いながらやって来ました。
現実に今教室がそのような空間ができていることが嬉しいです。
昨日のお稽古にも名古屋から通って来てくれています。
なぜ?
新幹線代金1万5千円かけて来てくれるのでしょうか?
ありがたく、感謝せずにはいられません。
涙と言えば
房仙会でも素敵な涙がありました。
今回、一人の生徒が、作品を書き終わった後
涙しました。
昇段試験では熱心にご指導頂きありがとうございました。
ようやく無事に昇段試験の作品が仕上がり、ほっとしています。
先生に「出来たね」と言われた時、思わず嬉しくて涙か溢れてきたことに私自身とても驚きました。きっと全力で取り組めたからだと思います。
書いているとき何度か行き詰まったりして気持ちが落ち込むことがありました。でも、先生にご指導頂くと不思議とやる気が出てきて自分がどんどん書けるようになっていくのを感じ、辛いけど楽しいという感覚になれました。この気持ちがなかったらきっと乗り切れなかったと思います。
試験の結果はどうなるかはわかりませんが、やりきったという気持ちがあるので後悔は無いです。
先生を信じて頑張って良かったです。
心から感謝いたします。

やるだけやったときには、結果がどうであれ
満足します。
そこまでやれると言うことが素敵で
私は書道を通じて、努力は裏切らないことを体験して欲しいと
願っています。
私の日常を、生徒との約束なので
ここで少し披露します(苦笑)
(2013年10月26日の一日を振り返ってみます)
朝4時半起床
5時から、送られてきた作品添削と
その、お手本の書き直しを始める。
何度書いても、その書き直しの手本が書けない!のです。
情けない!
私の添削が、相手にとっては大切なんです。
実際伝えたいことは違うんだけど!
と思うところを直したいのですが
それが、書けません。
自分のスキルが不足している事に気付く事ができるのはこんな時です。
だから、ありがたいのです。
師範試験は、本来は手本なしで、生徒の実力で書くのが当たり前なんです。
でも
お節介な私には、添削だけで済ますことができない!・・・・
良いことか,悪いことか迷いながらも書きます。
午前8時50分から
昼食を済ませ
夜10時まで指導し続ける。
手本、書きっぱなし。
一日経って考えて見たら、
12時間、書いていました。
そう、そう。
この日も京都から生徒が来てくれていました(*^o^*)
ありがたいことです。
熱心なんです。
すごいのは、私でなく生徒さん達です。
みんな、長いこと指導し続けるのを
「すごい」って言ってくださいますが、
私自身、書きたくて書いているので、
何ともないんです。
嬉しいだけなんです。
みんなの笑顔を見たいから
みんなが喜ぶ顔をみたいから
だから、喜んでもらえると、超嬉しくなります。
今、働かせてもらえて
書いて喜んでもらえる仕事に出会えて
嬉しいのです。
ありがたいのです。
心臓が動いていることが嬉しい!
人の役にたてることが嬉しい!
喜んでもらうことが嬉しい!
でも何よりも喜んでいるのはわたしの
なんです。
自分の魂が喜ぶことをし続けられること
そのことが、涙が出るほど嬉しいからです。
気づきがあることが嬉しいです。
ありがとうございます!
ご縁ある皆様に心から感謝です。
$房仙ブログ

Posted on 2013-10-27 | Category : ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment