Home > ▶︎ブログ > 房仙会の徳育活動

房仙会の徳育活動


2013年6月27日  おはようございます!
水曜の午後のレッスンでのこと
こんな事が房仙会の徳育ですと紹介したくなりました。
合宿が終わった後が、大切な徳育の指導のチャンスです。
合宿中終盤、一人の男の子が喧嘩して泣きました。
泣かせた子は謝りましたが、許せず、泣いていました。
保護者が待っていて、これから発表会だと言うその時でした。
状況を聞いたら、一方的に泣かせた相手が悪いわけではないことが分かりました。
お互いが悪かったのです。
なので、そこを納得メルコとができ、相手だけが悪いんではない!
それで、
「自分も悪いことを認めたら、素敵になるよ」
と説明しました。
最初は、彼は自分も悪いことを納得出来ませんでした。
「なぜ?」と聞くと
「お母さんに怒られるから」だそうです。
お母さんは怒らないし、お母さんにも言わないし、
先生も、また他のみんなも、ワガママでない人は少ないし
だからって、それが決して悪いことではないからと話しました。
認める事って勇気がいるし
認めることが出来たら、素敵になることも話しました。
認めないまま時が過ぎるのを懸念した私は
その近くにいた4歳の子に突然質問をしました。
「○ちゃん、あなたはお姉ちゃんに対し、意地悪をするよね」と。
すると
「うん!」と素直に答えたのです。
びっくりしました。
まさか、自分が意地悪をしているなんて言うわけないと
期待もせず、聞いたのです。
素直に自分の非を認めるって素敵です。
「○!素敵!偉い!天才!大好き!」
と抱きしめました。
どれか、一つぐらい覚えていて欲しいと願いを込めて抱きしめました。
ものすごく、素敵な笑顔でした。
振り向いて前出の彼に聞くと
直ぐ、自分のワガママを認めました。
相乗効果です。
みんな、素直でそれがいい!
順番に幼稚園児に聞いていきました。
たまたま、幼稚園児は、みんな兄弟、姉妹と一緒に通っています。
一人の子は
「お姉ちゃんが悪い!」
といい、
お姉ちゃんは
「えっ?」
これは何とかせねばならないと思ったとき
4歳の他の生徒が
「どっちもどっちじゃない!」
と言ったのです。
すごくないですか?
これってすごい!
と抱きしめました。
みんな、みんな抱きしめました。
あまりに良い子達なので
アイスをあげたいと思いつきましたが
足りず、買い出しに行き、
アイスを食べて帰ったとさ・・・・。
これが徳育って、疑問に思われないことを祈るのは
私だけ?

Posted on 2013-06-27 | Category : ▶︎ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment