Home > ▶︎ブログ > 御礼申し上げます。

御礼申し上げます。


10月1日の主人の誕生日には皆さまに祝っていただき、フェイスブックをしてない主人もとても感謝しています。
「房仙のお陰だよ。ありがたいね。コメント、心を込めて一人一人読ませていただきましたと伝えてね」と言っています。
皆さまのおかげで、本当に良いお誕生日となりました。ありがとうございます。
息子も、「父の誕生日にお店をどうしてもオープンするのだ!」と、無理と言われた工程をクリヤーして、徹夜までして4年前の10月1日に「心音道」をオープンしました。
きっと、一緒に喜んでくれていると思います。
同じ10月1日の正午を少し過ぎた頃、松下明世さんのお母さんから「採用試験受かりました!永年の夢が叶いました!」と連絡をいただき皆さまにお伝えすることができました。
明世はオリンピック生の先輩です。
書道の実力もあるので、先生になったら、きっと書写の実力も発揮してもらえることでしょう。
(彼女の報告がなかったら、主人の事はFBには書かなかったと思います。「みんなに知らせるよ」と約束したものの、名前を出すのをためらいました。でも本人が喜んでコメントくれたので良かったです。)
榑松永倫も慶応大学をこの9月に無事卒業し、神奈川県の望んだ市へ就職も決まり
10月1日から働きだしています。
市職員となり、どのように変化していくのかとっても楽しみです。
型にはまらない人となり、リーダーになっていって欲しい人です。
勿論、彼女もオリンピック生。
いつか日本の国を変える人が、「房仙会オリンピック生」から出る!と言い続け
夢の実現に近くなっています。
支えてくれた先輩もありがとう!
素晴らしい先輩が房仙会を引っ張っていってくれること、心から感謝します。
私と言えば、書きまくっていますが、書けない!書けない!書けない!苦しみにもだえています。
でも楽しくて、楽しくて、この楽しさは何なのか!と自問自答しますが、
書けない苦しみを突破する喜びを知っているから楽しいのだと思うのです。
苦しさの次にきっと楽しい事が・・・というイメージがあるからです。
苦しんでいるあなたにも、きっと素敵な事がおこります。
それにはどうするか!
たった一つ、出来る事から始めて、諦めないでし続けることです。
出来る事から始めるんです。出来るから、出来て当たり前。それを続けることです。

途中で止めたら自分に自信が持てないのです。
諦めない!
みんな、信じた道を突き進みましょう。

いつも、長い文書を読んでいただきありがとうございます。
(台風、時速45キロ、強い勢力を維持し、関東地方に向かっています。記事には関係ないですが)

Posted on 2014-10-03 | Category : ▶︎ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment