Home > ▶︎ブログ > 今「生きてるっていうこと」・・・

今「生きてるっていうこと」・・・


生きてるなー!
生かされているなー!
生きて行けよ!
と言われているなー。
小3の時 リウマチ熱を患い
入退院を繰り返し
20歳までは生きないだろうと
お医者さんから伝えられた両親
その時の両親の気持ちを
考えると辛くなる
一言も伝えず、結婚後に
ポツンと父が
「悪かったなー!」
と、つぶやいた
「えっつ?・・・・・」
その時、父との戦いは幕を閉じた・・・・・・
その父も今はいない
母は、父が言ったことを伝えると
認めようとせず
「お父さんがそんなこと言ったの?」
とただそれだけ。
今でも決して認めない母
強いな
そんな両親の元に生まれたのに
私は心の弱い人間だった。
なぜだろう?
なぜ、強くなれないのかな・・・・・
と言う課題が今の原点にあります。
谷川俊太郎さんの詩は
人間 無理をしなくていいんだよ
あなたの今そのまま
あなたのように
あなたが,あなたで輝くように
いきてごらん!
って言ってくれているんです!
無理しないで
続けていたらきっと良いことがあるよ
諦めたら、その時で夢は終わりだよ
と教えてくれています。
第14回房仙会社中展から始まり
昨日帰宅するまでの私の長い旅も
終了しました。
旅を終えて
私ほど幸せな人はいないな!
これってどれほどすごいこと!
愛されるってこんなに素敵な事だということを
沢山 たくさん いただきました。
誰かが アホか!
って言っても、生き方は貫き通してきました!
生きていてよかった!
11日の祝賀会で発表させていただいた
「生きる」  谷川俊太郎さんの詩は
清水英雄先生(一般社団法人理事)から
ご紹介頂きました。
「生きる」       谷川俊太郎作詩
生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木漏れ日がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと
生きているということ
いま生きているということ・・・・・・・
自然体で生きることの意義を追求し続けます!

Posted on 2013-08-27 | Category : ▶︎ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment