Home > ブログ > こころつくしとは

こころつくしとは

Pocket

おもいやり・・
心をつくす・・・・
って、聞き慣れたことばですよね。
でも、
「本当に出来ているだろうか?」
って、常に反復して考えます。
FBでいいね!もらったら返す。
これは娘に言わせると、
「だからなーに?」なんだそうですが。
気になる私がいたりします。

大阪教室に行って来ました。
その前にロータリークラブの地区の大きなイベントがありました!
今回は素敵な仲間に助けてもらいました。
書道界では絶対やっては行けないこと!
イベントの途中で退席するなんて許させるはずもないことなんです。
ロータリーの素敵な仲間たちは
「いいよ、良いよ!行っておいで!房仙さん!本当は最後までいて欲しいけど、でも良いよ、気をつけて行って来てね!」
嫌みの一つもいいたいところ、我慢してくれて、優しくしてくださって
本当にありがたいことです。
私は長いこと、書道界に席を置いています。
もしも書道界だったら、許されないことなんです。
どんな理由があろうが、大切な行事を途中ですっぽかすなんて
あり得ないことなんです。
我が「長泉ロータリークラブ」の皆様は人格が本当に出来ています。
これってすごい事だと私は感じます。
ありがたいこと。
相手を思いやることができているようで、出来てない私にとっては
とても、とてもありがたいことでした。
自分の担当の第2部の司会を終え
そのまま着物を脱ぎ捨て、待ってくれている生徒の車に飛び乗りました。
(足袋を脱がせてもらったり、至れりつくせりでありがたかったです)
ぎりぎりの予定の新幹線の時刻より30分も時間が早く駅に到着でき
ほっとして、コーヒーを飲むゆとりもありました。
ロータリーの仲間の望月義明さんの奥さんは着付けの先生。
その方の丁寧な応対にも胸を打たれました。
みんなに助けてもらいながら、何とか大阪に着いたその時
ホームにいた人
その人は
伊達弘泰さん
でした。
私はどこに行くにも一人で行けない悲しいタイプです(苦笑)
お財布持った?
携帯は?
ハンカチは?っと、今回は娘に指示され出かけました(苦笑)
うるさい!と年中思いますが、長い習慣は恐ろしい。
お財布持たず、買い物なんて年中で、しっかりした皆様が聞いたら
失神します。
そんな私を気遣っていただき迎えに来て下さった方です。
大阪教室は彼との出会いがないと出来ない教室です。
至らない私を影から支えてくれる、主人と弘泰さん、
ありがたいです。
彼に負担をかけないように、自分を変えていきます!
決意出来たので、変わる事を期待ください(*^O^*)
まだまだ人間が出来ていませんが、これからも楽しくお稽古出来る様に
顔晴ります。
今、娘と主人が会話しています。
「そんな人いないよ!」・・・・
「入場券も払って、駐車場にも置いてきてくれてそんな人いないよ!」・・・・
でもいます(*^O^*)
ありがたいです。
全国いのちの食育書道展表彰式にむけて準備も進めています。
私の留守に仕事をし、全ての送って来た皆様の整理が終わったそうです。
ありがたい!
ボランティアの展覧会は成功しないと多くの方に注意されました。
今年がある意味、分かれ道の時でした。
何とそんな時多額のご寄付を頂戴しました。
七田厚社長です。
きっと、きっといつか皆様の善意を無駄にしないように
ボランティアって、自分が素敵に変われます。
素敵に成功出来ました!
と言っていただけるように努力して参ります。
皆様、各自、個人的にご寄付頂戴したご恩も決して忘れません。
お金を沢山儲けていても、寄付出来ないかたもいらっしゃいます。
大義名分がない!
価値がわからない!
まだまだそんな状態なんですが、なにも言わず寄付下さった皆様に
喜んでいただける価値を後でしっかりご理解いただけるように
必ず、やり遂げます!
ありがたとうございます。
見守ってください。
注目ください。
「全国いのちの食育書道展」を!
写真は留守中、仕事をしてくれた生徒、保護者の方の一部です。

Posted on 2014-01-27 | Category : ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment