Home > ブログ > お礼に食養講座を開きました。皆さんの投稿、あまりにすてきなので披露させていただきます!

お礼に食養講座を開きました。皆さんの投稿、あまりにすてきなので披露させていただきます!



第4回全国いのちの食育書道展が無事終わり、お礼の講座も開講できました。
聞いてくださった方たちから嬉しい報告をいただきました。
感激でした。
私の書く報告書よりみんなに見ていただきたいので、許可いただきお一人ずつ披露させていただきます。
ゆっくり、最後までお読みください。
全員分貼り付けたら、字数オーバーになってしまい、アメーバーブログには字数制限があることを発見しました。

最初は福原みなさんです。

今日のまとめです。

福田房仙先生、ありがとうございました(^^)

とりあえず、週末に半額で買う揚げ物系のお惣菜を、買ってから3日目以降にお弁当に持ってくのはやめることにします(笑)

そもそも揚げ物系のお惣菜を買わないようにします(^^;
(家で揚げ物を一切しないので、サラダ油は家にありません。炒めもののときは油ひかないの。)

http://3x7log.net/?p=1738

病は食から!健康講演会を聴講してきました

今回、三島市で書道と心と躾の教室を営まれている房仙会さんにお声掛けいただき、食にまつわる「健康講演会」を聴講させていただきました。

いつもありがとうございます。

 

1.漢方のお話 

三島市で漢方や自然食を扱っておられる心音道店主の福田道穂様からお話いただきました。

こちらの「心音道」さんでは、いろいろな病気に対する漢方薬を準備しているようなので、気になる症状がある方は行かれてみると良いと思います。

(漢方は、本来予防のためのものではありますが、症状が出てからでも対応していただけると思いますので、まずはご相談されると良さそうです)

 

心音道 | 漢方・自然食とともに
http://www.shinondo.com/ 

漢方にも即効性があるものがある 

漢方のイメージは、「ずっと飲み続けて体質改善されることにより、なんとなく体調が良くなった感じがする」というものでしたが、即効性があるものもあるとのことです。 

漢方薬の「合う」「合わない」は、「体が受け付ける」か「受け付けない」かだそうです。

すんなり体が受け付ければ、効きが早いようです。

逆に、少し飲んでみて体が受け付けない場合は、効果がないかもしれません。

(ただし、「苦くて飲めない」は別みたいです(^^; 「良薬口に苦し」的なものは存在するそうです。)

 

西洋薬との違い

 

西洋薬は「痛みを取る」「咳を止める」等、いま出ている辛い現象を抑えるものです。

それに対して、漢方は「根本から体質を改善することによって、辛い現象を出なくする」ものです。

 

西洋薬には、必ず副作用があり、肝臓に負担がかかっています。

薬の毒素を出すために体内の栄養を使ってしまうため、「薬を飲んで他の病気になる」ということも起こり得ます。

 

一方、漢方を飲んでも、一時的に少し体調が悪くなることがあります。

薬が合っている場合は、体をデトックスするための「好転反応」のためという可能性もありますが、判断がつかない場合は、薬局の方とよく相談したほうがいいかもしれません。

 

2.食養のお話 

食養道学院の福田先生よりお話いただきました。

http://shokuyou.com/

blog_import_55cbf31014d06

「伝統食」を見直そう

 

日本人の伝統食は、米食の「和食」です。

 

最近はいろいろな国のいろいろな食べ物が輸入されてきて、いろいろな国の食べ物が口に入りますが、その土地にもともとあった食べ物をいただかないと、体が受け付けなくなるものです。

 

例えば、エスキモーはもともと肉を生食でいただいたりとか、欧州の人は肉食・牛乳に適した体になっていたりするようですが、肉や牛乳が輸入されてほんの200年。

もともと肉や牛乳をいただく文化がなかったため、肉や牛乳を摂りすぎると体が受け付けなくなり、病気の素となります。

 

適切な油を選択しよう

 

昔の記憶をたどると、沖縄県は長寿で有名だったハズ…

しかし、現在は男性の平均寿命は、沖縄県は34位にまで下がってしまっているそうです。

 

この原因は、ファストフードが増えてきて、サラダ油の摂取量が増えたためと言われています。

 

沖縄の有名な料理として、ブタ料理がありました。

ブタの脂と、サラダ油の油では、性質が異なります。

 

サラダ油の油やマーガリンに含まれる「トランス脂肪酸」は、肥満・糖尿病・がん・高血圧等、万病の元になりえるもので、米国では規制が始まっています。

 

オススメの油は、こちらのアマニ油だそうです。

アマニ油は、魚油と同じくオメガ3系の脂肪酸で、脳の働きを良くする機能があるそうです。

情緒不安定・うつ状態・集中障害などに特に効果があるそうです。 

毎日小さじ1~3杯いただくだけで、体調が良くなっていくそうです!

(加熱しないでいただいてくださいね) 

また、魚油も日本人の体には合うので、魚や海藻も積極的に採っていくと良いそうです。

 

食養道を学んだ飲食店があります 

沼津駅北口から徒歩10分ほどのところにある「松の坊」さんです。

美食菜館 松の坊 

慶事・法要用などのお集まり等のお食事もお出しするようなお店なので、完全なマクロビ対応はなかなか難しいようですが、普段のメニューでは玄米との選択も可能だったり、食材の端々に食養で学んだ内容が織り込まれています。 

2年ほど前に、食養講座(調理体験&ランチ付き)を数回開催されましたが、またの開催を期待しています!

食養講座があります
 

上記のことをもっと詳しく説明した「食養アドバイザー」「食養士」講座も、開催するそうです。

フルメニュー受講は丸一日受講で30,000円とのことです。

 

また、単品コースもあります。(1回5,000円)

 

5/10(日)13:3016:00 食養の基礎(マクロビ等)

6/7(日)13:3016:00 食養の基礎(玄米、肉、牛乳、油、砂糖等)

9月(日程未定) さらに健康になるために(少食、断食、腸内細菌等)

10月(日程未定) さらに健康になるために(酵素、ミネラル、ファイトケミカル等)

上記お申込み・お問い合わせは食養道学院からお願いいたします。

 

とはいっても。 

揚げ物にファストフードにカップラーメンに~…

なかなかやめられませんよね(笑)

知らないことを知ることで、意識する、というのが第一歩だと思います。 

また、身の回りの人たちの健康のために、たくさんの方に伝えていきたいです!

美奈ちゃん、ありがとうございます。
これは房仙の追記事項です。
我が家ではオリーブオイルを使用しています。
今回、問い合わせがありましたので、心音道、房仙会で
取り扱いさせていただくことになったオイルをご紹介します。
http://www.olivex.co.jp/
是非ご購入は房仙会で!

 

Posted on 2015-04-21 | Category : ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment